2017年08月16日

Over Drive

インターネットは便利です。
うろ覚えの歌詞で検索したら近い歌詞が出てきてアーティスト名も分かったので早速オンラインで購入して。
間違いなくて、あぁこれこれと安心して。

曲名は「Over Drive」アーティスト名は「JUDY AND MARY」

聴きながら・・・「なんで自分はこの歌を知ってるんだ??」
確かにヒット曲みたいですが、何か釈然としません。CMで流れていたという情報は得られましたが、それでも。うーん。

個人の頭の中の知識の履歴までネットで検索して分かったら怖いか。
あるいはそうなっていくのでしょうか。
自分の知識は自分の中なんていうローカルに保管しないでクラウドに全部投げてしまえばいいのか。そうすれば自分は無くなってもクラウドに残るから・・・時々思い出したい人が取り出して眺めてくれればいいのか。

なんでこんなこと考えているんだろう。

・・・・お盆だからか。
posted by 柴津陽司 at 02:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ  

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ
第12回は 「ごんぎつね」 です。

ごんぎつね
そのあくる日も、ごんは、ふぁいるをもって、としあきの家へ出かけました
としあきは 物置でせんずりしていました
ごんは、家のうら口から、こっそり中 へはいりましたが、
物音にかびんになっていたとしあきに気付かれてしまいました
「こないだ、やまじゅんをつかませやがったあのごんぎつねめが、また いたずらをしにきたな。 ようし」
としあきは立ちあがって、納屋にかけてある火なわ銃をとって、火薬をつめました
そして、足音をしのばせて近よって、いま戸口を出ようとするごんを、ドンと、うちました
ごんは、ぱたりとたおれました。としあきはかけよってきました。
ふと家の中を見ると、土間に15回転がかためておいてあるのが、目につきました
「おや」と、としあきは、びっくりして、ごんに目をおとしました
「ごん、おまえだったのか、いつも、エロい土人をくれたのは」
ごんは、ぐったり目をつぶったまま、うなずきました
としあきは火なわ銃を、ばたりと落としました
青いけむりが、まだ、つつぐちからほそく出ていました

2016年01月22日

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ  かたあしだちょうのエルフ

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ

第11回は 「かたあしだちょうのエルフ」です。


かたあしだちょうのエルフ

おひるねのじかんだよ
おねえさんがごほんよんであげるね
「かた足を うしなった エルフですが なんと まんなかに もういっぽん 足がありました
エルフはその 足で 黒ひょうとたたかいます
エルフは 黒ひょうの きゅうしょを ねらいました それは まさしく 黒ひょうです
黒ひょうは もうへとへとで にげようとしていますが エルフはゆるしません
そして 草原に へいわが もどりました
ぼろぼろに きずついた 黒ひょうですが エルフのことが ふしぎとわすれられません
もともと こういを よせていた エルフに あんな目にあわされたのは ショックでした
しかし からだは たしかに よろこびを かんじてしまっていて
あんな じょうきょうでさえ なければ すすんで からだをゆるしていたに ちがいないのです
もんもんとした 日々を すごしているのは エルフも おなじでした 
こうふんの あまり りせいを うしなって とんでもない ことを してしまったと こうかい しています
もう エルフではなく エロフです
しかし あのかいかんを わすれることはできず エルフは たったひとりのじかん まんなかの足を

2016年01月19日

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ  王子とこじき

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ
第10回は 「王子とこじき」 です。

王子とこじき

おひるねのじかんだよ
おねえさんがごほんよんであげるね
「『こういうことするの はじめてじゃないんだろう?』
エドワードはトムのふくにてをかけ ひとつひとうボタンをはずしながらいいました
『まあね ものごころついたときからこういうことは やらされてる なまじきりょうよしなばっかりにね』
トムはエドワードのほおにそっとてをかけ ほのかにかげりをおびためでこたえました
『ふふ いがいとナルシストなんだ したもぬがすよ ああ おぎょうぎがわるいんだな ここはそっくりってわけでもないみたいだ』
『ナルシストはあんただろ じぶんとおなじかおによく よくじょうできるもんだ』
『そうかもね はじめてみたときから きみがほしくてしかたなかった』
エドワードはトムのくちびるにすいつき そのままベッドにおしたおしました
トムははじめのほうこそ よゆうをたもっていましたが エドワードのいってんのけがれもない 
くろうしらずのたまのおはだに しだいにおぼれていきました
エドワードのやんちゃなわかどのはトムの体をはげしくもとめ たとえるならばまさにこかんのあばれん

2016年01月17日

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ  ルドルフとイッパイアッテナ

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ
第9回は「ルドルフとイッパイアッテナ」です。


ルドルフとイッパイアッテナ

おひるねのじかんだよ
おねえさんがごほんよんであげるね
「『イッパイアッテナ、おきてる?』
ぼくがそうきくと イッパイアッテナはかるくほほえんで ぼくをみおろした
『なんだ どうかしたか』
『ううん なんでもない ただ いいなっておもったんだ イッパイアッテナとこうしてるのがいいなって』
ぼくはイッパイアッテナのかたいむねに あたまをおしつけた ごつごつしてる
だけど すごくあんしんできるばしょ イッパイアッテナのうでのなか
『ねえ イッパイアッテナ ぼく イッパイアッテナのことだいすきだよ』
すごくしぜんにそのことばがでた イッパイアッテナをみあげると おどろいたようなてれたようなかお
『な なにをいきなり』
わかりやすくろうばいしてる それをみてぼくのいたずらごころがくすぐられた
『このまちで イッパイアッテナにあえて ほんとによかった みんなイッパイアッテナのおかげだよ』
くびすじにしたをはわせると イッパイアッテナがこうふんしたのがわかる ぼくにかたいものがあたる
てのなかで デカで クロで タイガーな イッパイアッテナがあばれてる ぼくはそれを くちにふ

2016年01月14日

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ   牛若丸

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ
第8回の今日は「牛若丸」です。

「牛若丸」

あらあら、ねむれないの? じゃあきょうもままがごほんをよんであげるわね

『「おのれこわっぱ おとなしく わがひゃくにんめの えものとなるがよい」

べんけいのなぎなたが ぶんぶんとかぜをきり うしわかまるをねらいます
おびをきられて きものがはだけ みずみずしいはだが あらわになります
そのあですがたに おもわずべんけいにおうだち 

うしわかまるは あやしげにほほえむと べんけいにちかづいていきます
「よ ようやっとかんねんしたか こわっぱ おとなしく こしのえものを さしだすがよい」
「ほんとうに それで いいの?」 

「なんだと? なにがいいたい こわっぱ」

「こっちの えものじゃ だめかってことさ」 そういうと うしわかまるは きものをぬぎすて つきあかりに そのらしんを おしげもなくさらしました

そのこしには おさないからだにふにあいな おおわざものが そそりたっています

ごくり と べんけいの のどがなりました みいられたように そのからだに てをのばします

「おまえは これから ぼくの どれいになるんだ」

きょうのごじょうのはしのうえ ここはすてきなはってんば

2016年01月13日

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ  おしいれのぼうけん

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ
第7回の今日は おしいれのぼうけん です。

おしいれのぼうけん

おひるねのじかんだよ
おねえさんがごほんよんであげるね
「ねずみばあさんは ふたりが なかよくしている ところがみたい といいました

『ふたりとも はだかになるんだよ』

あきらも さとしも いやがりましたが しかたなく ふくをぬいで はだかになりました
あきらは さとしが じぶんのほうを みながら なにか いたずらしているのが みえました
さとしは あきらに きづかれたことを しると はずかしそうにして そして いいます 

『ごめん あーくん おれ まえから あーくんのこと すきで こんなときにへんだけど ごめん』
『ごめんなんていいよ さとちゃん おれも さとちゃん だいすきだよ』

ふたりは おたがいの てをのばして しっかり にぎりあいました ねずみばあさんは にこにこ しています 
ねずみばあさんは ふたりのために わざと わるもののふりを していたのでした

ガッタン シュッシュ ガッタン シュッシュ おとをたてて デゴイチはトンネルのなかへ ポッポーします

おしいれのぼうけんおしいれでぼうけんおしいれでおしいれるおしいれのぼうけんおしいれでおしりにおしいれるおしいれの

2016年01月12日

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ  宝島

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ
第6回の今日は「宝島」です。

宝島

おひるねのじかんだよ
おねえさんがごほんよんであげるね
「『よし いいこだジム』
ジョン・シルバーは ねているわたしの ふくのしたに てをすべりこませ ごつごつしたてで なでまわしてきた 
『こんなところで むさい やろうどもにかこまれてよ たまらねえよな このおいぼれを たすけるつもりで がまんしてくれよ なあジム』
おいつめられた このかいぞくは あるしゅの うんめいきょうどうたいとなった
わたしに よりどころをもとめているらしい 
ふいに わたしのなかに このあわれなおとこを からかってやろうという こあくまじみたかんがえがうかんだ 
わたしが からだをゆるすと シルバーはうえたけもの のように むさぼりついてくる
あせるラムのボトルを てのひらで おしとどめた
リブジーせんせいを おもいだした ももいろサンゴが きゅんとしちゃう
きがつくと わたしのふねも おもかじいっぱい にゅうこうと しゅっこうを サルのようにくりかえ

2016年01月10日

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ  裸の王様

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ
第5回は 「裸の王様」です。

「はだかのおうさま」

おひるねのじかんだよ
おねえさんがごほんよんであげるね
「だれもが めをうたがいました むりもありません かれらの こくおうが いっしまとわぬ うまれたままの すがたを しゅうもくのまえに さらしているのですから
びもくしゅうれい どうどうたる いげんにみちた このおうは くにじゅうの あこがれでありました
おうじゃの かんろくただよわせる にくたい あついむないた ひきしまった しり 
そして そして ああ これいじょうは とてもいえません
おうさまを みまもる みんしゅうのなかに まだ おさない しょうねんが いました
ちょくりつふどうで けいれい してしまっているのを まわりにさとられまいと まえかがみです
わかいかれは じぶんがどうにかなってしまうのをかんじ やがて げんかいを むかえました

 おうさまは はだかだ

おおきなこえでそうさけびました そのこえをあいずに まわりのだれもが きんだんのせいのぼうと と かして おうさまにむらがります
おうさまは さも まちかまえていたぞ といわんばかりに みんしゅうの なかにみをなげました 
のちのよでいう せいきょうとかくめい のはじま

2016年01月08日

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ  宮本武蔵

ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ
第4回はちょっと童話とは違いますがこんなのもあるということで
「宮本武蔵」を紹介します。

「宮本武蔵」

おひるねのじかんだぞ
お…おねえさんがごほんよんであげるね
「『むさしというより くさしだな おすのにおいがぷんぷんしよるわ』
こじろうは にとうであるむさしに たまらなくしっとし てごめにしようとしました

『なにゆえ えれくちおん しないのじゃ むさし そんなにわしがきらいか?』
はんのうのない でぃっくのぼうに こじろうの こころは ぶれいくすんぜんです

『なんでもいたす ごしょうじゃ あのいっせんがわすれられんのじゃ・・・』
『・・・きはじゅくした』
とつぜん むさしは こじろうのじゅくしてるきに しゃぶりつきました
『ひきょうな むさし』
『こんな ろんぐで ものほしそうな ものほしざおを ぶらさげて なにをいまさら』

ふいをつかれた こじろうは ひざをおり おなごのようにあえぎながら むさしにめをやると
そこには ゆめにまでみた あついちしおのうちよせる がんりゅうじまが そびえたっていました
こじろうは こうこつのまま うつぶせになり かたあしをあげ ひっさつの つばめがえしで むさしを

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。